子猫チビ太とイラストの成長ブログ♪

子猫チビ太とイラスト練習の記録ブログ。iPadのお絵描きと北斎漫画の模写を毎日公開!

素晴らしき哉、人生!の別の結末を考えてみたよ。

本日の 「642 文章練習帳」から


「結局、友のいる良き人は救われるのだ。
一方、数々の悪業を尽くしてジョージの金を横領した犯人はどうなったろう。
ひとりぼっちのクリスマス。雪のつもる寒い露地を歩いていると、灯が溢れた窓から、
賑やかにクリスマスを祝うの笑い声がする。
「ジョージのやつ!何を呑気に。」
うちに帰ってとっておきの最高級ワイン、マジ・シャンベルタンを飲んでやろうと不機嫌に家路を歩く。
家には犯人を捕らえに来た警官が待ち構えているのも知らないで…」


1946年のアメリカの名作クリスマス映画、『素晴らしき哉、人生!
主人公ジョージの金を横領した銀行家ポッターに対しての罰は描かれていなかったですね。
クリスマス映画なのでめでたく終わりたかったからでしょうか。

きっとポッターは寂しいクリスマスを過ごしたことでしょう。